トップページ»ビジネス情報»ビクターエンタテインメント、「iTunes Music Store」へ楽曲提供開始

ビクターエンタテインメント、「iTunes Music Store」へ楽曲提供開始

ビクターエンタテインメントは、アップルが運営するiTunes Music Storeへの楽曲提供を2005年12月21日より開始すると発表した。

開始時に提供する楽曲は、アルバム全18タイトル(全209曲)。価格は単曲の場合150円、もしくは200円で、アルバムは1,200/1,600/2,000円。なお、12月21日以降は、アーティストを順次提供していく。

独自の特徴として、2005年10月1日より開始した高音質音楽配信技術「netK2」を採用する。

<コメント>
netK2は圧縮形式に依らず、エンコード前処理での高音質化技術のため、iPodでも問題なく利用できる。自社技術として差別化を図りたいのだろうが、他社にもライセンスするなどした方がサービスの向上が図られユーザーとしては望ましいと考える。

関連リンク:ビクターエンタテインメントの発表リリース

【広告】

コメント&トラックバック

トラックバックURL:http://www.emd.gr.jp/2005/12/20/100/trackback/