トップページ»インフラ情報»KDDI、CATV大手JCNの筆頭株主に

KDDI、CATV大手JCNの筆頭株主に

KDDIは、セコムおよび丸紅が保有するジャパンケーブルネットホールディングス(JCNH)およびジャパンケーブルネット(JCN)の株式取得について、セコム、丸紅両社と基本合意したと発表した。

2006年3月末日を目処に、JCNHの発行済み株式の約46.76%と、JCNの株式約5%を取得、JCNHの筆頭株主となる。JCNへの直接および間接出資比率の合計は38.18%だが、その後少数株主からの株式買い取りにより47.30%まで増加する予定で、買取総額は総額は最大335億円を見込んでいる。

KDDIでは、将来の光展開を見据えた顧客拡大を目的としており、多チャンネル放送/インターネット/電話の各サービスに加え、au携帯電話との連携による「クワトロプレイ」の実現を目指すとしている。

<コメント>
インフラを巡る状況は、ブロードバンドの上に放送、電話というコンテンツを載せて「トリプルプレイ」とアピールしている。それに携帯電話を加えるというのは、ユーザーからしてみれば利便性が分かりやすいが、一方で携帯電話会社を簡単に切り替えられない状況では効果の程は薄いと言わざるを得ず、今秋のMNPを見越した戦略と言えるだろう。

関連リンク:KDDIの発表リリース(PDF)

【広告】

コメント&トラックバック

トラックバックURL:http://www.emd.gr.jp/2006/02/06/136/trackback/