トップページ»製品情報»クリエイティブ、3 カラースタイルのCREATIVE ZEN X-Fi Styleを発表

クリエイティブ、3 カラースタイルのCREATIVE ZEN X-Fi Styleを発表

クリエイティブメディアは、ポータブルメディアプレーヤーのフラッグシップモデルCreative ZEN X-Fi2 の最大の長所である「高音質」と「機能性」という特徴を継承し3 つのカラーバリエーションを用意した「Creative ZEN X-Fi Style」を2010年5月中旬より発売すると発表した。

搭載フラッシュメモリ容量は8GB、16GB、32GBの3モデル。

対応音声圧縮方式は、MP3(~320kpbs VBR可)、WMA(~320kbps)、
AAC(~320kbps)、FLAC(~1Mbps)。Windows MediaDRM9にも対応する。AACの著作権保護には対応しない。

8種類のプリセットイコライザーと5バンドカスタムイコライザーを搭載。スマートボリューム機能、バスブースト機能も搭載する。

高音質化技術X-Fiテクノロジーに対応し、圧縮によって失われたディティールを独自技術により最適化するX-Fi Crystalizer、サウンドに広がりを持たせ、ヘッドホンをつけていることを忘れるほど臨場感あふれるサウンドを実現するX-Fi Expandを搭載する。

ディスプレイは26万2千色表示の2.4インチワイドTFT液晶(320×240ピクセル)を採用。対応動画圧縮方式は、WMV(~640×480/~24fps/~800kbps)MPEG4-SP、DivX 4/5、XviD(~640×480/~24fps/~1Mbps)。JPEG(~19.6メガピクセル 縦5120ピクセル、横3840ピクセル以内)形式の静止画も再生できる。

コンポジット端子も搭載し、市販のAVケーブルで映像をテレビなどに出力することができる。

さらにRSSリーダーを搭載、プレーヤー本体に収録のソフトウェアをパソコンで実行すれば、登録されたRSSフィードをプレーヤー本体に取り込み、オフラインでもニュースなどのテキストコンテンツを読む事ができる。

IMA ADPCM 4ビット 16kHz モノラル形式によるボイス録音とFMラジオ受信も可能。本体にはモノラルスピーカーも内蔵する。パソコンとのインターフェイスはUSB2.0/1.1。

電源は内蔵リチウムイオンバッテリで、連続再生時は約25時間(音楽)/約5時間(動画)。充電はUSBもしくは別売のACアダプタ経由で行ない、USB接続時の充電時間は約4時間。

外形寸法は約83.6 x 48.7 x 11.7mm(幅x高さx奥行き)。重量は約56g(内蔵バッテリー含む)。

カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、レッドの3色。32GBモデルのみブラック、ホワイトの2色となる。

<コメント>
フラッグシップモデルCreative ZEN X-Fi2の廉価版に当たるものだが、割愛されているのは増設メモリーカードスロット、BMP表示、そして画面がやや小さくなっている程度か。カラーバリエーションもあり、割愛した分をカバーできるくらいの価格であれば、バランスの取れたモデルと言えるだろう。

関連リンク:クリエイティブメディアの発表リリース

【広告】

コメント&トラックバック

トラックバックURL:http://www.emd.gr.jp/2010/04/13/1222/trackback/